スポンサードリンク

熊本県御船町「つながり」の勝又代表は本当に町と連携してる?



熊本県上益城郡御船町にボランティアとして入った「つながり」は
御船町に残り活動を続けていますが、御船町が正式にボランティアセンターを立ち上げ
「つながり」主導の運営とは切り離されたとは言え

未だ御船町と直接の関係性を疑わせる形跡があり
これは発災当初、御船町の観光協会が拠点施設を提供していた事からもわかります。

しかし、これも大雪りばぁねっと事件と酷似した経緯を辿っていると言わざるを得ませんので
注意喚起します。

「つながり」は正式に御船町の許可を取っていない可能性が高いと思っています。


「つながり」と御船町の関係

4月14日の熊本地震発災後、御船町に入った「つながり」勝又代表は、4月17日にご自身のフェースブックに御船町の藤木正幸町長と一緒に録った動画をあげています。





この動画で御船町の藤木町長は、現地の状況を涙ながらに訴え支援を要望していますが
内容は物資の支援を要望する事しか言っていない事に注目です。
(後に藤木町長は支援物資が届いていない訳ではなかったと訂正しています)

一見すると、御船町の藤木町長直轄で「つながり」が動くのかと感じますが
これはBuzzFeedの記事でそんな事は全く無いという事がわかります。

  • 藤木町長が「つながり」に依頼した事実はない。(呼んだ訳ではない)
  • 社協の方針と違ったボランティア募集を行った事。問い合わせ先に「つながり」を掲載した問題は必ず検証します。

そして「つながり」が御船町に入るキッカケになったと思われる瀬川氏(動画右はじ)はご自身のフェイスブックで、藤木町長は「現場の指示をお願いしたい」と言ったと書いています。




この事から、この時点で藤木町長は「つながり」に全面委任したという確認はできず
指示をしてくれと頼んだに過ぎない事がわかります。

また上の動画の投稿時間は17日の5:12。瀬川氏のタイムラインを見ると17日5:30に
みんなに事態を説明と書いているので、藤木町長から「一緒に動いてくれ」と緊急要請を受け
動画の撮影をしてから、行動に入った事がわかりますが、藤木町長からの依頼は
「一緒に動いてくれ」であって、あくまで町の元で一緒に動いてくれとしか解釈できません。




この流れを見ると、後に発生した「つながり」の諸問題は、「つながり」の拡大解釈によるものではないかと考える事ができます。

緊急事態とはいえ、藤木町長のこの対応も今後検証されるでしょうし、やむなくと言う状況もわかりますが、町長の発言ですから少し言葉足らずだったのではないかと思う反面、単純に物資の支援を呼びかけましょうと言う提案に応じて撮影しただけなのかも知れません。

しかし上手く利用されていると言う見方もでき、そう思われる様なやり方がマズイわけです。

そしてその後御船町の社協が正式にボランティアセンターを立ち上げ、「つながり」は社協とは別にボランティアセンターを立ち上げましたが



このツイートによると、御船町の社協は「つながり」は御船町役場直轄であると認識している様ですが、動画の内容や瀬川氏のフェイスブックからは、はっきりとした事実は確認できません。

となると考えられるのは

  1. 藤木町長直轄で動いている。
  2. 藤木町長が役場職員にその様な指示を出した。
  3. 役場職員が藤木町長直轄だと勝手に勘違いし物事が進んでしまった。

と言う事になりますが、1.と2.は、前出のインタビューで「問題は必ず検証する」と言っていることからもあまり考えられない。

となると3.の役場職員が勘違いしているのではないかという話になります。

でもそんな事があり得るでしょうか?

あり得ます。
大雪りばぁねっと事件の時に、山田町では同様の事がおきています。


「つながり」の雰囲気に飲まれていないか

大雪りばぁねっとの岡田栄悟被告(元代表)は、山田町を飛び越え岩手県に相談の連絡をし
その事を持って岩手県とは話がついていると山田町関係者を欺きました。

しかも大雪りばぁねっとが山田町入りをした時、山田町側には「岩手県に言われて来た」と話していますが、後の検証で岩手県側は「問合せはあったが山田町に行くようには言っていない」と言った事がわかっています。

岡田被告はこの様に上手く山田町に入り、当時の沼崎町長に取り行ったのです。
後に沼崎前町長は「震災当初は混乱しライフラインも絶たれ調べようがなかった」と話しており
今回の藤木町長もインタビューで混乱している状況を話していますが
全てのライフラインを長期間に渡り失った東日本大震災とは状況も違います。

問題は、岡田被告のこの様な行動により山田町役場内が
大雪りばぁねっとは町長直轄で動いていると言う雰囲気に飲まれてしまった事です。
(実際は一部の関係者が利用したという疑惑もあります)

なので、「つながり」は本当に御船町直轄で動いているのか確かめる必要があり
御船町も雰囲気で動いていないか?「つながり」も拡大解釈してないか?
と言う事を確認する必要があります。

前の記事で、このままでは分断がおきる事を警告しましたが

大雪りばぁねっとの再来か?御船町のボランティア「つながり」問題

実際に、「つながり」主導では見送られた日本青年会議所の支援が
御船町主導のボラセンが立ち上がったとたん、支援が決定された様で
「つながり」のままでは、御船町がこの支援を受ける事が出来なかったのです。


役に立っているから全て良しではない

現地では「つながり」のおかげで助かっていると言う人もいるでしょう。
でも事件をおこした大雪りばぁねっとでさえ、支援活動に感謝している人はいるし
人助けになってはいたのであって、やり方がダメだったのです。

今おきている「つながり」問題も、支援をする事が悪いのではなく
やり方がおかしいだろ。と言う話であり
ネットで問題化している人達は、先々の事を危惧していると思いますし
私も危惧しています。

「つながり」の勝又代表は、御船町と上手く行っている、現場を見に来いと言っていますが
そんなの当たり前の話で、それすら上手く行っていなければ何をしに行っているんですかという話になりますし

上のツイートからわかるのは、アナタの行動は社協から良く思われてませんよと言う事です。

そんな中、週刊文春も記事を打ちました。

ここでも、「(ネットの批判に対し)なんですか、あれ?現場で真実を見なさい」
と言っている様ですが、現場の真実は上のツイートの通りです。

そしてこの記事の中では、御船町に行く前の活動拠点宮城県三陸町の方の話が掲載されています。

地元では鼻つまみ者 A氏の本性を知ると二度と関わりとうない、と思うはずですわ
アイツは被災地から金を取ろうとしていると評判が出始めた
震災時はA氏が頼みの綱で信用していた、でもやがてボランティアの為に町民が利用されるようになり疑問を持った


その支援は「つながり」でなければ受けられない支援でしょうか?
もう少しすれば、「とにかくやれば良い」と言う訳でもないと言う事が感じられるはずです。
現地の人々には早く気付いて欲しいものです。

今後何かが起きれば復興の足かせになる事は間違いありませんし
間違いなく人々の分断を招きます。

今の「つながり」の動きは「大雪りばぁねっと」と非常に似ています。




Sponsored Link
   
Sponsored Link

イクオス

☞ 関連記事

(ランキングのクリックで、情報の拡散にご協力お願いします。→ ) ブログランキング・にほんブログ村へ




コメント

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
てきとーなこと書いてんじゃねーぞクソが。
Re: タイトルなし
> てきとーなこと書いてんじゃねーぞクソが。

どの部分がてきとーなのでしょうか?

コメントの投稿

非公開コメント


PR
リンク
タグ

大雪りばぁねっと オール・ブリッジ 山田町 破産 岡田かおり タレスシステムアンドファシリティーズ グリランド 岡田栄悟 御蔵の湯 日本財団 破産管財人 幹部 大柳彰久 御船町つながり つながり勝又 水上バイク ゾディアック ボランティア団体つながり 中隊長 山田町役場 橋川大輔 債権者集会 山本貴子 井上ゆかり 井上幸子 謎の自殺 損害賠償 溝呂木弁護士 岩泉楽ん楽ん 復興支援 ジーイーコーポレーション 補助金適正化法 昆議長 岡田 麻野美穂 ハイエース ヤフオク 財産取得 第三者委員会 北海道河川広域救難隊 旭川市 財界さっぽろ つながりボランティア 岩泉らんらん 岩手県検証委員会 補助金返還 つながり 佐藤前副町長 占有移転 疑惑のNPOを追う 12億円の弁明 総務省 仮処分 副隊長 ROADプロジェクト 百条委員会 NPO法人 補助事業 NPO幹部 メディアあさひかわ 山崎副議長 告発 地方自治法第117条1項 リース費 調査特別委員会 公務員 コンプライアンス 溝呂木 山田町復興支援隊 補助金 山田町災害対策本部 ケビンハウス ボランティアセンター 幹部職員 中日本航空 株式会社カーライフシステム NPO北海道ライフケア協会 沼崎 橋川 緊急雇用創出事業 石狩川広域水難救助隊 事業報告書 再調査 高額給料 徳永エリ リコール補助金等に係る予算の執行の適正化に関する法 顧問弁護士 刑事告訴 震災等緊急雇用対応事業 緊急雇用創出事業実施要項 ボランティア 土木事業 未払賃金 インフレータブルボート 宝本ひであき 蓮舫 補助金対象外 NPO大雪りばぁねっと 裁判 東京地方裁判所 元従業員 長野ポンプ 町道環境美化事業 大雪りばぁねっと捜査 岡田かおり恫喝 善管注意義務違反 内部資料 装備品リスト 及川あつし 緊急雇用事業 DIOジャパン 補助金適正化施行令 岡田初公判 ニューハーフ ららつー 未払い給料 岡田栄悟公判 旭川マンション 岡田栄悟の母 岡田裁判 岡田釈放 大雪りばぁねっと岩手県地域労働組合 大雪りばぁねっと労働組合 らんらん 熊本ランティアつながり つながりボランティア問題 つながりボランティア御船 楽ん楽ん 岩泉グループホームらんらん 岩泉らんらん場所 岩泉らんらん住所 台風10号岩泉グループホーム つながりボランティア勝又 山田町役場職員 大雪りばぁねっと岩手県労働委員会 大雪りばぁねっと和解 大雪りばぁねっとユニオン 大雪りばぁねっと未払給料 山田町和解 山田町裁判 オールブリッジ 山田町の所有権 阿部幸一町議 飲食店 大柳光代 岡田栄悟逮捕 大雪りばぁねっと逮捕 山田町前町長 岡田栄悟容疑者 岡田容疑者 業務上横領 暗視カメラ 密漁監視機材 菊池正佳 沼崎喜一 民法709条 口頭弁論 橋川サイクルモータース 特定非営利活動促進法 善管注意義務 三陸山田漁協 岩泉らんらん地図 自殺 詐欺 溝呂木弁護士記者会見 橋川容疑者の妻 浮き桟橋 オークション PWC ポンツーン エスティマ アイシス 食堂 HTB 大雪りばぁねっとトラック 緊急雇用創出事業通知 山田町災害復興支援事業等検証委員会 密漁 緊急雇用創出事業公表 トヨタレンタリース旭川 大雪りばぁねっとリース車両 溝呂木弁護士準備書面 トヨタ自動車旭川 補正予算 

メールフォーム
【匿名・ハンドルネーム可】

名前:
メール:
件名:
本文:

PR

BULK HOMME
RSSリンクの表示
相互ランキング
PR

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。