スポンサードリンク

流出した大雪りばぁねっとの内部資料から見る表に出ない物品の数々



大雪りばぁねっとの第3回債権者集会において
破産管財人より、第二回目の占有移転を禁じる仮処分を執行したと報告があり

これは、昨年度執行したのに続き、第二回目となりますが
昨年度の仮処分執行 

この仮処分は6月11日付で執行され、旭川市や十和田湖にあった水上バイクやボートなど
大雪りばぁねっとが使用していた物15点ほどが対象になりました。

しかし、十和田湖のグリランドには今もゾディアックのボートがある事は
HTBの報道や、グリランドのフェースブックを見るとわかりますし

占有移転禁止ではなく、早く差し押さえて売却してもらわないと
どんどん資産価値は下がり
債権者、特に元従業員への未払給料へ充当するお金が減ってしまいます。

この点、山田町は「御蔵の湯」を返せと訴え出ていますが
破産管財人は、大雪りばぁねっとが直接お金を支払って建設しているので
大雪りばぁねっとの物だと言っている訳で
破産管財人は既に数々の物品の所有権は、大雪りばぁねっとにあると見て動いていると
私は思っています。

なので、山田町が「御蔵の湯」の所有権は山田町にあり、明け渡せとして訴えている事は
無駄で、所有権は山田町にあったとは思いますが
大雪りばぁねっとは破産手続きに入っていますので、既に遅く無駄な努力で
そんな事言ったら、他の債権者も物を返せと訴えて効力がありますか?
という事になり、税金の無駄遣いじゃないのか?
としか感じられません。

山田町は、大雪りばぁねっとが破産手続きに入った時にこの様な動きをして
先に物品を押さえる事も出来ただろうし
元従業員達に送付された溝呂木弁護士からの「債務の整理に入る」という通知から
裁判所の破産手続き開始までの間にあった時間の中で
ネットでも破産で逃げ切りに入るぞー!と騒がれ
山田町役場も察知したはずなのに、山田町役場は何もしませんでした。


こんな提案もしてみたんですが
大雪りばぁねっとの破産に不服申立が出来る


この様ないつも後手後手の山田町役場について
山田町側の不備をまとめて書いて見てはどうか、と言うコメントもいただいておりますが

すみません。

今回の記事は、以前からこのブログで申し上げている


50万円未満の物品の所有権についてです。 


他の記事で何度も書いている
50万円未満の物品も山田町(今は破産管財人)に所有権があるだろ!
だから早く回収して!という事に関してで

現在、全国的に問題となっている、DIOジャパンの問題で
及川あつし岩手県議が一般質問の答弁の様子をHPに掲載しているんですが

この問題、「大雪りばぁねっと」と同じ緊急雇用事業であるという事を頭において見てみると


dioジャパン及川あつし 

岩手県議会議員及川あつしHP


及川県議の質問に、岩手県はこう答えています。


”50万円未満の備品であっても、財産形成につながる機器、物品等はリースで調達すること”

”リース物品は、委託事業終了後においては、事業者が自己負担で買取り、又はリースを継続したものと認識しております”




はい。来ました。


大雪りばぁねっとの委託契約書に同様の事は書かれていませんが
同じ、緊急雇用事業の支出のあり方としてとらえれば
前々から私が主張し何本か記事を書いている

50万円未満の物品も基本はリースで、どうしても購入する必要がある物品は
事業終了後の所有を含め、山田町と協議の上購入しなければならない。
「大雪りばぁねっと」は協議もせず、勝手に物品を買っているから
今は岡田栄悟被告が持ち去っているが、全て山田町の物(現在は破産管財人)
だから早く回収して、未払給料に充てろ。

という事になりませんか?


及川県議のHPに書かれていたので、少し脱線しますが

そもそも、DIOジャパン問題

「大雪りばぁねっと」問題が発生し、岩手県も調査を開始した中で
岩手県は、緊急雇用事業の再点検をし
再発防止策として、県の関係者や市町村に平成25年3月13日付けで通知も出していますが

緊急雇用創出事業の実施にあたり留意すべき事項について(岩手県通知)


DIOジャパンがおかしい事に気づいたのが昨年平成25年10月でしたっけ?
再発防止は出来なかった事になりますが
DIOジャパン問題は、岩手県のみならず全国的に展開された事業なので
他の自治体も所詮人事だったのか、と言う感じもうけますが

被害額は、岩手県が一番大きい様です。





さて、話を戻して

備品回収しても大した金額にならないだろう?
未払給料に充てる様な額にならないだろう?

とお感じの皆さん

このブログでも何度かリンク先を書きましたが
今回は、より見てもらえるように画像にして掲載しますので見てください。

今は「御蔵の湯」「水上バイク」「ゾディアックのボート」しか話題に上がりませんが
これが、大雪りばぁねっとの当初の内部資料である、装備品リストです。



◎潜水用品 合計 ¥15,525,288

潜水 



◎河川用品 ¥6,271,280
河川 



◎シーカヤック ¥4,581,345
シーカヤック 




◎山岳用品 ¥3,325,547
山岳 



◎消防用品 ¥24,004,862
消防 



◎災害用品 ¥1,268,402
災害 



◎救助用品 ¥14,584,957
救助 



◎救急用品 ¥10,516,280
救急 




◎通信用品 ¥3,696,115
通信 



◎照明 ¥3,153,484
照明 



◎工具 ¥2,800,760
工具






◎野営用品 ¥4,307,023
野営  



◎その他 ¥1,449,133
その他 


ちょっと見づらい物もあるかと思いますが、見てもらいたいのは

合計金額が¥95,484,476になると言う事です。

今となっては、破産管財人にこれらの物品の所在を追ってもらうしかなく

もちろんこの中には、補助対象外となった物(確認された物)も
含まれているのかもしれませんが
それを差し引いても、かなりの額になります。

既に岡田栄悟被告の手により売却されている可能性は高いですが

これを破産管財人が全て岡田栄悟被告から取り返し売却すれば
半値八掛けとしても、未払給料にあてられるのではないでしょうか。

そして、これら50万円未満の物品の所有権を「大雪りばぁねっと」の破産手続き開始前に
はっきりさせていれば、全て山田町の物となり
売却すれば、補助金返還の足しになり町民の税金から無駄な出費を減らせた訳ですが


佐藤信逸山田町長は、当時
「民間業者も回収出来ないお金があるなか、役場のみ権利を主張する訳にはいかない」
コメントしました。


ではなぜ、後になって「御蔵の湯」の所有権を主張するのか疑問を感じますし
矛盾しています。

山田町の特権は、「大雪りばぁねっと」の破産開始手続き開始と共に消え失せ
今は、他の債権者と同じ立場のはずです。

どう転んでも、今となっては山田町に所有権があるものは存在しないし
破産管財人に任せるしか無いのに、その破産管財人を相手に訴えるとは
ちょっと???です。

この件について、山田町議会で
「オールブリッジが売却を目論んでおり、それを阻止するためだ」
「復興事業の邪魔になる」
と山田町は答弁していますが
http://www.town.yamada.iwate.jp/12_gikai/gikaihou/NO_142/1-16.pdf

それなら、大雪りばぁねっとが事業停止した時に、すぐやれと言う話で
自ら調査能力が無く人任せということを露呈しています。





そんな山田町役場ですが、待望の会計検査院が岩手県と山田町に入りました。

会計検査院が検査開始 山田NPO問題、年内に「報告」 

http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20140730_8





肝心の山田町役場も会計検査院に協力し、監査も順調に進んでいるのかと思いきや

役場内ではかん口令がひかれ
余計な事は言えない状況になっていると言う話が聞こえてきました・・・・
山田町役場では未だ町民の税金だけでなく
全国民の税金が使われたのだと言う認識が薄いようです。



そう言えば、大雪りばぁねっと問題発覚当初の会計検査院にメールを送ろう運動も
懐かしく思われるほど時間が経過してしまいましたが

オールブリッジの登記先である、金沢国税庁にもメールを送ろう運動がありました。

国税がオールブリッジの金の流れや実際の売上を把握すれば
見えてくるものも結構あると思うんですが

そう言えば、オールブリッジは未納だった税金を支払ったんでしょうか?









Sponsored Link
   
Sponsored Link

イクオス

☞ 関連記事

(ランキングのクリックで、情報の拡散にご協力お願いします。→ ) ブログランキング・にほんブログ村へ




コメント

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

非公開コメント


PR
リンク
タグ

大雪りばぁねっと オール・ブリッジ 山田町 破産 岡田かおり タレスシステムアンドファシリティーズ グリランド 岡田栄悟 御蔵の湯 日本財団 破産管財人 幹部 大柳彰久 御船町つながり つながり勝又 水上バイク ゾディアック ボランティア団体つながり 中隊長 山田町役場 橋川大輔 債権者集会 山本貴子 井上ゆかり 井上幸子 謎の自殺 損害賠償 溝呂木弁護士 岩泉楽ん楽ん 復興支援 ジーイーコーポレーション 補助金適正化法 昆議長 岡田 麻野美穂 ハイエース ヤフオク 財産取得 第三者委員会 北海道河川広域救難隊 旭川市 財界さっぽろ つながりボランティア 岩泉らんらん 岩手県検証委員会 補助金返還 つながり 佐藤前副町長 占有移転 疑惑のNPOを追う 12億円の弁明 総務省 仮処分 副隊長 ROADプロジェクト 百条委員会 NPO法人 補助事業 NPO幹部 メディアあさひかわ 山崎副議長 告発 地方自治法第117条1項 リース費 調査特別委員会 公務員 コンプライアンス 溝呂木 山田町復興支援隊 補助金 山田町災害対策本部 ケビンハウス ボランティアセンター 幹部職員 中日本航空 株式会社カーライフシステム NPO北海道ライフケア協会 沼崎 橋川 緊急雇用創出事業 石狩川広域水難救助隊 事業報告書 再調査 高額給料 徳永エリ リコール補助金等に係る予算の執行の適正化に関する法 顧問弁護士 刑事告訴 震災等緊急雇用対応事業 緊急雇用創出事業実施要項 ボランティア 土木事業 未払賃金 インフレータブルボート 宝本ひであき 蓮舫 補助金対象外 NPO大雪りばぁねっと 裁判 東京地方裁判所 元従業員 長野ポンプ 町道環境美化事業 大雪りばぁねっと捜査 岡田かおり恫喝 善管注意義務違反 内部資料 装備品リスト 及川あつし 緊急雇用事業 DIOジャパン 補助金適正化施行令 岡田初公判 ニューハーフ ららつー 未払い給料 岡田栄悟公判 旭川マンション 岡田栄悟の母 岡田裁判 岡田釈放 大雪りばぁねっと岩手県地域労働組合 大雪りばぁねっと労働組合 らんらん 熊本ランティアつながり つながりボランティア問題 つながりボランティア御船 楽ん楽ん 岩泉グループホームらんらん 岩泉らんらん場所 岩泉らんらん住所 台風10号岩泉グループホーム つながりボランティア勝又 山田町役場職員 大雪りばぁねっと岩手県労働委員会 大雪りばぁねっと和解 大雪りばぁねっとユニオン 大雪りばぁねっと未払給料 山田町和解 山田町裁判 オールブリッジ 山田町の所有権 阿部幸一町議 飲食店 大柳光代 岡田栄悟逮捕 大雪りばぁねっと逮捕 山田町前町長 岡田栄悟容疑者 岡田容疑者 業務上横領 暗視カメラ 密漁監視機材 菊池正佳 沼崎喜一 民法709条 口頭弁論 橋川サイクルモータース 特定非営利活動促進法 善管注意義務 三陸山田漁協 岩泉らんらん地図 自殺 詐欺 溝呂木弁護士記者会見 橋川容疑者の妻 浮き桟橋 オークション PWC ポンツーン エスティマ アイシス 食堂 HTB 大雪りばぁねっとトラック 緊急雇用創出事業通知 山田町災害復興支援事業等検証委員会 密漁 緊急雇用創出事業公表 トヨタレンタリース旭川 大雪りばぁねっとリース車両 溝呂木弁護士準備書面 トヨタ自動車旭川 補正予算 

メールフォーム
【匿名・ハンドルネーム可】

名前:
メール:
件名:
本文:

PR

BULK HOMME
RSSリンクの表示
相互ランキング
PR

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。