スポンサードリンク

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(ランキングのクリックで、情報の拡散にご協力お願いします。→ ) ブログランキング・にほんブログ村へ



大雪りばぁねっと補助金返還額決定と癒着



 「NPO大雪りばぁねっと。」問題で、平成23年度分の補助金返還額が
1億6749万円におよぶと公表されました。

平成24年度分が5億200万円ですので、今回の1億6749万円とあわせ
補助金対象外となったのが、合計6億7000万円という事になり

総事業費が、12億2000万ですがその半分が違法な支出となった訳です。

しかし、今回の1億6749万円は少ない様に思いますが
きっと支出した証拠となる資料がなかったのでしょう。

報道を見てもヘリコプターの事も出て来てませんし・・・・・




不適切支出 6億6900万円超…岩手・山田のNPO「大雪」 ニュース ジョブサーチ YOMIURI ONLINE(読売新聞)


http://www.yomiuri.co.jp/job/news/20131010-OYT8T00348.htm?from=tw


これで、岩手県の調査も一応終了し補助金返還額も確定した訳ですが
読売新聞によると、山田町との契約前に発生していた車のレンタカー代が約270万あるとなっています。

社会保険料の件も表に出て来ましたが、これツイッターで
「ある日突然に、リース車両のナンバーが旭川になった」
というやつなんでしょうか?

それなら、これはどうなったんでしょう?
平成23年度にNPO大雪りばぁねっとが町に提出した書類ですが

H23社協リース車両

社会福祉協議会が、ボラセン設立当初に車のレンタル代をNPO大雪りばぁねっとに立替えてもらっていた事が
記されています。
その額、約650万もあります。

山田町との最初の契約日は、平成23年5月で書類には平成24年1月に社協より返金された事が書いてありますよ。


それに、山田町の返還が決まった今回の1億7000万ですが
前回の5億も町民から直接徴収する訳では無かったので、騒ぎにならないのかも知れませんけど
合わせて6億7000万あります。

前回の5億の返還は町の基金から返済されましたが、この基金と言うのは言わば町の貯金。

自治体の場合、赤字額が標準財政規模の20%(市区町村の場合)をこえると、財政再建団体となり
一般で言うところの倒産となり、国の管轄下に入りますが、山田町の場合、基金から支払ってもそう言う破綻状態にならないと言う事で、言い換えれば自由に使えるお金と言う事にもなります。

そこで、これ

H25_8_12東日本大震災山田町被害

http://www.town.yamada.iwate.jp/saigai/kouhyou-ba08-12.pdf


山田町が、今年の8月に発表した物ですが
死亡者数807人、全壊2,762世帯、大規模半壊202世帯ですよ。

被災者支援にまわせませんか?

直接ではないにしろ、町民の自腹で払う事に変わりはないんですが。。。


支払ってもさほど影響ない6億7000万が、被災した町民でなくNPO大雪りばぁねっとに使われてしまった訳です。




そして、斉藤県議の県議会での様子

山田町NPO問題H25_10_09斉藤信のホームページ

http://www4.ocn.ne.jp/~jcp-shin/13_10_09shoko2.htm


面白い事が書かれていますね。


【商工労働観光部長】
我々としても、山田町との契約関係の中で、NPOとの直接の関わりは持たないという制約はあるが・・・
 
【斉藤委員】
問題のNPO法人に全面的に癒着して進めた山田町の責任も許し難く、当時の町長や幹部は何らかの責任をとらなけれ ばならないと思っている。


リース費については、駅裏商店街のプレハブが出てきましたね。
除雪機も大雪りばぁねっとが直接購入していると明言していますが、既に1台はヤフオクで売却されています。


【雇用対策課長】
このリース契約書の取り交わしは、オールブリッジと大雪りばぁねっと。の間で取り交わされた契約書であり、法律的には偽造と言えないらしいと理解している。

法律的に偽造と言えなくても、立派に共謀しての横領と言えないですか?


最後に、変更契約の実態について質問していますが、ここはその契約の日付に注目して欲しいです。
開示資料を見ると・・・


(当初の契約)
事業起案、町長決済⇒H23年5月 9日
契約起案、町長決済⇒H23年5月16日
         契約日⇒H23年5月20日

(第一回変更契約)
事業起案、町長決済⇒H23年5月24日
契約起案、町長決済⇒H23年6月10日
         契約日⇒H23年6月10日

(第二回変更契約)
事業起案、町長決済⇒H23年7月28日
契約起案、町長決済⇒H23年8月22日
         契約日⇒H23年8月22日

(前払金100%への契約変更)
契約起案、町長決済、契約日⇒H23年11月28日

(第三回変更契約)
事業起案       ⇒H23年11月14日
町長決済       ⇒H23年11月24日
契約起案、町長決済⇒H23年12月14日
         契約日⇒H23年12月20日

(第四回変更契約)
事業起案       ⇒H24年1月 5日
町長決済       ⇒H24年1月18日
契約起案、町長決済⇒H24年1月25日
                       契約日⇒H24年1月25日(¥430,597,050)


*ここから平成24年度。

因みに、H23年11月25日に平成24年度も大雪りばぁねっとで継続していいか伺いが立てられ町長が決済しています。


(第一回契約)
事業起案、町長決済⇒H24年3月22日
契約起案、町長決済⇒H24年3月27日
         契約日⇒H24年4月 1日(¥791,417,000)


★契約日同日に、前払金3億9千万円の請求。平成24年度の契約書でも前払金は100%請求出来るとなっているのに
 なぜか半分。
⇒契約残金 ¥401、417、000円


★H24年7月5日に、事業計画のみ(金額変更なし)の変更契約。

そして、同日に前払金の2億円の請求。
⇒契約残金 ¥201、417、000千円


★平成24年8月27日に前払金3千万の請求。
⇒契約残金 ¥171,417、000千円。


★平成24年10月1日に前払金1億7千1百417千円の請求。
契約残金¥0円






表にすればわかりやすいんでしょうけど、すみません。

これパッと見て、どうですか?

誰が見ても

山田町は知っててやってたでしょ?

と言う結論になりますよね?


前の記事でも県側の責任ばかり責める斉藤県議にも少し無理があるという事を書きましたが
斉藤県議もHPでこう言ってますね

 5億円、さらには1億6700万円、山田町の町民が、何の責任もない町民が自腹で返すのである。そしてその経過には、ここは県議会の場なので、県政の関わりについて指摘している。第一義的にはNPO法人が問題である。問題のNPO法人に全面的に癒着して進めた山田町の責任も許し難く、当時の町長や幹部は何らかの責任をとらなければならないと思っている。しかしここは県政の場なので、県が完了検査をして7億円以上の事業を認めたということについて問題はなかったのかと。なぜチェック機能が働かなかったのかと。これは前代未聞の不祥事なので、県として検証すべきだと。どこに問題や責任があったのか。そのことを改めてお聞きしたい。
(引用終わり)




県政の場だから、県の職員に言うしか無い。

決して間違った事を言ってる訳ではないと思いますが
やはり、私が感じていた事は既に承知済みでやっていた様に聞こえます。
気持ちの中では、山田町の職員に直接質問したいんじゃないでしょうか。


本当ならこの役目は、山田町の町議ですよね?


県がそこ迄管理するなら、市町村の職員はいらないだろう?となり、人によっては
だから地方分権は無理だとなりますよ。

県に責任は無いとは言いませんけど。



報道によると、12月の山田町議会で町長、副町長の責任の取り方を含む対応を明確にするとし

県は来年2月の補正迄には返還してもらうと言ってますから、何やら動きがあるかも知れません。


まぁそれはそれで、私は独自の追及をしていきますし、オール・ブリッジの事も気になっていますが
ちょっとここのところ忙しいんですよね・・・


書きたい事もたまって来て困ってますが(笑)








Sponsored Link
   
Sponsored Link

イクオス

☞ 関連記事

(ランキングのクリックで、情報の拡散にご協力お願いします。→ ) ブログランキング・にほんブログ村へ




コメント

コメントの投稿

非公開コメント


PR
リンク
タグ

大雪りばぁねっと 山田町 オール・ブリッジ グリランド 岡田かおり 岡田栄悟 タレスシステムアンドファシリティーズ 破産 破産管財人 日本財団 御蔵の湯 つながり勝又 御船町つながり ボランティア団体つながり 中隊長 大柳彰久 幹部 水上バイク 山田町役場 ゾディアック 山本貴子 麻野美穂 補助金返還 岩手県検証委員会 橋川大輔 謎の自殺 復興支援 補助金適正化法 溝呂木弁護士 損害賠償 昆議長 井上ゆかり つながり 旭川市 井上幸子 財界さっぽろ 岡田 ジーイーコーポレーション 北海道河川広域救難隊 第三者委員会 ハイエース 債権者集会 ヤフオク 財産取得 つながりボランティア ROADプロジェクト メディアあさひかわ コンプライアンス 元従業員 NPO法人 補助事業 リース費 公務員 告発 山崎副議長 調査特別委員会 百条委員会 疑惑のNPOを追う 佐藤前副町長 地方自治法第117条1項 12億円の弁明 NPO大雪りばぁねっと 山田町災害対策本部 株式会社カーライフシステム NPO北海道ライフケア協会 補助金 山田町復興支援隊 ボランティアセンター ケビンハウス 事業報告書 再調査 溝呂木 NPO幹部 沼崎 橋川 石狩川広域水難救助隊 緊急雇用創出事業 中日本航空 幹部職員 顧問弁護士 刑事告訴 未払賃金 リコール補助金等に係る予算の執行の適正化に関する法 震災等緊急雇用対応事業 土木事業 緊急雇用創出事業実施要項 インフレータブルボート 東京地方裁判所 徳永エリ 高額給料 蓮舫 宝本ひであき 総務省 補助金対象外 ボランティア 民法709条 岡田初公判 岡田栄悟の母 岡田裁判 補助金適正化施行令 善管注意義務違反 町道環境美化事業 大雪りばぁねっと捜査 岡田かおり恫喝 岡田釈放 旭川マンション 飲食店 エスティマ アイシス 阿部幸一町議 未払い給料 岡田栄悟公判 ニューハーフ ららつー 内部資料 装備品リスト 山田町裁判 オールブリッジ 山田町の所有権 山田町役場職員 つながりボランティア勝又 熊本ランティアつながり つながりボランティア問題 つながりボランティア御船 山田町和解 大雪りばぁねっと未払給料 及川あつし 緊急雇用事業 DIOジャパン 大雪りばぁねっと岩手県地域労働組合 大雪りばぁねっと労働組合 大雪りばぁねっと岩手県労働委員会 大雪りばぁねっと和解 大雪りばぁねっとユニオン 食堂 ポンツーン 菊池正佳 沼崎喜一 三陸山田漁協 山田町前町長 大雪りばぁねっと逮捕 岡田栄悟容疑者 大柳光代 岡田栄悟逮捕 長野ポンプ 自殺 裁判 副隊長 仮処分 補正予算 橋川サイクルモータース 善管注意義務 特定非営利活動促進法 口頭弁論 岡田容疑者 密漁監視機材 大雪りばぁねっとトラック 大雪りばぁねっとリース車両 溝呂木弁護士準備書面 HTB オークション PWC 橋川容疑者の妻 浮き桟橋 トヨタ自動車旭川 トヨタレンタリース旭川 詐欺 業務上横領 暗視カメラ 溝呂木弁護士記者会見 密漁 緊急雇用創出事業公表 緊急雇用創出事業通知 山田町災害復興支援事業等検証委員会 占有移転 

メールフォーム
【匿名・ハンドルネーム可】

名前:
メール:
件名:
本文:

PR

BULK HOMME
RSSリンクの表示
相互ランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。