スポンサードリンク

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(ランキングのクリックで、情報の拡散にご協力お願いします。→ ) ブログランキング・にほんブログ村へ



12億円の弁明 復興支援 疑惑のNPOを追う 放映終了(山田町他編)



今回は、岡田氏以外の発言についてですが
まず、真っ先に言いたいには、佐藤町長の
《補正ありきは、考えられない》発言
本当ですかね?
確かに、これ迄のNPOとの契約は前町長ですが
佐藤町長就任後の
H24年12月に問題が表面化し、事業停止、全従業員解雇に至った
補正予算の流れを振り返って見ましょう。

◯岡田氏がお金が足りません。給料払えませんと申出
    ↓
◯山田町役場は2億円の補正を審議にかける
  (ボーナス分も含む)
    ↓
◯町議が反発
    ↓
◯ボーナス分を引いた1億6千万を再度審議にかける

で、町長の言い分は
「岡田氏に頼まれたからではない」
「働いている町民の生活が第一だから」
「町民が年を越せなくなる」

これだけ聞けば、なるほどーと感じるかもしれませんが
よく考えて見て下さい。

仮に、1人30万の給料で147人分とすれば1ヶ月で
30万×147人=44,100,00円 ですよ。
何で最初に2億の予算を見たんですか?
まぁ色々と含め、5千万の補正で良いんじゃないですか?

更に、町議達はNPOの補助金の使い方に不審を持って審議して
いたんだから、町長の言う「年を越す為」であれば、その手当として
「5千万の補正を組んで、しっかり給料に支払われたか確認します」
と言えば、町議も納得したんじゃないでしょうか。
2億と言う数字は、完全にそれ以降の事業費も見てますよね。
内訳はわかりませんが
例えば、給料5千万が1~3月の3ヶ月で1億5千万だし。

仮に、先の月まで(年度終了)見ての2億であれば
山田町は、完全にNPOに不信感を持っていなかった事になるし
町長の「岡田氏に頼まれたからではない」と言う発言は
説得力がな無くなり
結局、岡田氏に頼まれたから2億の補正を試みたと言う事に
なるんじゃないですか?

なので、山田町としては

当面の処置として5千万の補正を組み
町民への給料未払いは防ぎ
更にNPOの調査を即刻実施し、間違いなく給料として
支払われたかも確認しますので、補正予算を通して下さい。


じゃないですかねー。

そうすれば、町民へのダメージも少しは少なくなるし
少なくとも、山田町がお金だけでも完全に管理下におけば
事業を縮小する事はあったとしても
終了年度の3月迄は、事業を継続し被災した町民の働く場と収入は
確保出来たかもしれません。
町長が言っている、「町民の生活の為」なら
岡田氏の指示の元でなくても、仮設住宅のパトロールとか
食材の配布とか出来るんじゃないですか?
御蔵の湯も、山田町がやる気になれば継続出来たでしょ?
たった3ヶ月の間だけなんだから。

まぁ既に、山田町役場から2名の職員が
調査に送り込まれていましたが、全く機能しませんでした。
しかし、議会で給料にちゃんと支払われるか確認すると決まれば
遠慮せずに調査、指示出来るでしょう。

それとも、この段階で給料以外にも未払いが沢山ある事を把握した
のかも知れませんねー。


それから、沼崎前町長の
《震災当時はインターネットも不通でNPOの確認も出来ない》
これは、誰もが
はっ?
と思う所だと思いますし、放送を見たほぼ全員の方が
何言ってたんだ?と思ったでしょうから
そこはおいといて、この発言の裏を考えると
震災当時、山田町役場内部はそう言う状況にあったんだと言う事が
考えられます。
つまり、孤立状態にあったんではないかと言う事。
でもどうやって、警察や消防、県や国と連絡取ってたんですかね?
おかしいですね?
しかも、考えて下さい。
近隣市町村で、直接被災してないのは山田町役場だけで
お隣の宮古市役所も大槌町役場も、もろ津波かぶってるのに
何とかやった。大槌町なんか町長も死亡し役場壊滅状態だった。

山田町役場は、自分達で孤立状態を作ってたのか
沼崎前町長のこの発言は、単なる言い訳のどちらかでしょ。

でも色々調べてると、山田町役場の閉鎖的な体質や
役場を訪れる人への対応、職員採用について
かなりの確率で良くない話が出て来ます。
全職員の事ではないでしょうけど、ここはいずれ書きます。

そして、インターネットと言ってるからには、今迄の疑惑情報も
インターネットの情報を元にしていると言う事ですか?
今は現職ではないので、確かにそうかも知れませんが
果たしてご高齢の方が、そこ迄ネットをチェックしますかね?
私は、役場側の誰か(職員か議員)からネットで騒がれている事を
聞いているのだとしか思えません。

そして
《事業については県側と詰めて実施した》
と言っていますが、では何故、御蔵の湯に関し役場職員が
「解体費についても、県は了解したとNPOから聞いているが本当か?」
と県の職員に聞いているんでしょうか。

(第三者委員会 33ページ②24年11月5日参照)
http://www.e-sanriku.com/20130409daisansyahokoku.pdf

完全にNPO頼りで、丸投げ状態じゃないですか?
インターネット発言とあわせて考えても、外部との接触を嫌い
やはり自分達で孤立する状況を自然に作っていったと感じます。
大体にして、何でNPOと県の職員が直接協議してるんですか?
これに当時の山田町職員は何とも思わなかったんですか?

そう言えば、事業計画の説明に役場は岡田氏を参加させ
町議から、何で岡田氏がいるんだ!丸投げしてるんじゃないのか!
と言われ岡田氏が退席させられた事もありましたね。
第三者委員会の報告書でも、自分の金でないからと言って・・・
と指摘されてますし。

結局
《オール社がNPO関係者だと知っていれば
町も県も認めなかった》
と県の課長さんが発言しましたが、と言うことは
今となってもそれはダメだと言う事になりますね。
これ結構私は重要だと思ってますよ。
これでおとがめ無しにするなら
「今となってはダメだけど、あの時は知らなかったので検査通しちゃいました」
と言う事になり、それなら県と山田町にも批判集中するでしょう。
山田町は本当に知らなかったのか?
と言う話もありますが。
なんたって御蔵の湯のあの規模のリースですからね
知らないはずはないと思いますけど。

そして、NPO側の溝呂木弁護士
何か少し焦って話してる様にも見えましたが
《公金であろうと何であろうと大事なのは形式》
NPOの関係者が作ったリース会社であろうと
NPOとリース会社との取引であるから、全く問題ない。
と言う事を言ってましたが、これどうですか?
TVで公然と、トンネル会社でも良いんだと発言してますし
これ例えばNPOでなかったら、脱税行為の為に形式させ整っていれば
トンネル会社作ってもOKですよ。
と言ってる事になりませんか?
おかしいと思った人は、溝呂木弁護士が所属する
第二東京弁護士会に弁護士に対する苦情申立窓口があります。
http://niben.jp/consul/kujo.html

溝呂木 雄浩 (みぞろぎ ゆうこう)弁護士は
登録番号がNo24621

NPO大雪りばぁねっとの(破産)事件番号は
平成25年(フ)第4952号です。


最後に
HTBさんは山田町に来る以前の北海道での活動の模様を
映し出していましたが、あれ私もブログに書こうと思ってました。
でもHTBさんが取材してくれてたので、少し言うと
親しかった北海道のある消防署員さん2名の方と
札幌の自動車部品会社の社長さんにも取材して欲しかったですね。
1人の消防職員さんは実際に山田町に来て
捜索活動を行なっていますし
機動隊や他の消防署もまだネタはネットに転がってますから
男塾さんのブログを再度詳細に見てはどうでしょうか。

今の段階では、この方達も関与していると言う訳ではありませんが
岡田氏の交友関係とか講師となる経緯とか聞けると思いますけど。

取材したけど、何も無かったのかも知れませんけどね。



(追記)
あー忘れてましたが、石川県に本店登記している
オール社の現地映像(橋川氏の実家)が出ましたが
実はこの住所にはもう一つの会社が登記されており
もちろんこっちが先に登記されています。
それは、多分橋川氏の親が経営すると思われる
有限会社橋川サイクルモータースと言う会社なんですが
この会社の目的は

1.自転車、原動機付自転車及び自動二輪車の販売、修理
2.前号に附帯する一切の業務
となっています。

当初は、もしかしてここ経由で自動車とか水上バイクかもなー
とか、色々と想像していました。

実際はどうなのかはわかりませんが、報道されないので
関係無いのでしょうw







☞ 関連記事

(ランキングのクリックで、情報の拡散にご協力お願いします。→ ) ブログランキング・にほんブログ村へ




コメント

コメントの投稿

非公開コメント


PR
リンク
タグ

大雪りばぁねっと オール・ブリッジ 山田町 破産 岡田かおり タレスシステムアンドファシリティーズ グリランド 岡田栄悟 御蔵の湯 日本財団 破産管財人 幹部 大柳彰久 御船町つながり つながり勝又 水上バイク ゾディアック ボランティア団体つながり 中隊長 山田町役場 橋川大輔 債権者集会 山本貴子 井上ゆかり 井上幸子 謎の自殺 損害賠償 溝呂木弁護士 岩泉楽ん楽ん 復興支援 ジーイーコーポレーション 補助金適正化法 昆議長 岡田 麻野美穂 ハイエース ヤフオク 財産取得 第三者委員会 北海道河川広域救難隊 旭川市 財界さっぽろ つながりボランティア 岩泉らんらん 岩手県検証委員会 補助金返還 つながり 佐藤前副町長 占有移転 疑惑のNPOを追う 12億円の弁明 総務省 仮処分 副隊長 ROADプロジェクト 百条委員会 NPO法人 補助事業 NPO幹部 メディアあさひかわ 山崎副議長 告発 地方自治法第117条1項 リース費 調査特別委員会 公務員 コンプライアンス 溝呂木 山田町復興支援隊 補助金 山田町災害対策本部 ケビンハウス ボランティアセンター 幹部職員 中日本航空 株式会社カーライフシステム NPO北海道ライフケア協会 沼崎 橋川 緊急雇用創出事業 石狩川広域水難救助隊 事業報告書 再調査 高額給料 徳永エリ リコール補助金等に係る予算の執行の適正化に関する法 顧問弁護士 刑事告訴 震災等緊急雇用対応事業 緊急雇用創出事業実施要項 ボランティア 土木事業 未払賃金 インフレータブルボート 宝本ひであき 蓮舫 補助金対象外 NPO大雪りばぁねっと 裁判 東京地方裁判所 元従業員 長野ポンプ 町道環境美化事業 大雪りばぁねっと捜査 岡田かおり恫喝 善管注意義務違反 内部資料 装備品リスト 及川あつし 緊急雇用事業 DIOジャパン 補助金適正化施行令 岡田初公判 ニューハーフ ららつー 未払い給料 岡田栄悟公判 旭川マンション 岡田栄悟の母 岡田裁判 岡田釈放 大雪りばぁねっと岩手県地域労働組合 大雪りばぁねっと労働組合 らんらん 熊本ランティアつながり つながりボランティア問題 つながりボランティア御船 楽ん楽ん 岩泉グループホームらんらん 岩泉らんらん場所 岩泉らんらん住所 台風10号岩泉グループホーム つながりボランティア勝又 山田町役場職員 大雪りばぁねっと岩手県労働委員会 大雪りばぁねっと和解 大雪りばぁねっとユニオン 大雪りばぁねっと未払給料 山田町和解 山田町裁判 オールブリッジ 山田町の所有権 阿部幸一町議 飲食店 大柳光代 岡田栄悟逮捕 大雪りばぁねっと逮捕 山田町前町長 岡田栄悟容疑者 岡田容疑者 業務上横領 暗視カメラ 密漁監視機材 菊池正佳 沼崎喜一 民法709条 口頭弁論 橋川サイクルモータース 特定非営利活動促進法 善管注意義務 三陸山田漁協 岩泉らんらん地図 自殺 詐欺 溝呂木弁護士記者会見 橋川容疑者の妻 浮き桟橋 オークション PWC ポンツーン エスティマ アイシス 食堂 HTB 大雪りばぁねっとトラック 緊急雇用創出事業通知 山田町災害復興支援事業等検証委員会 密漁 緊急雇用創出事業公表 トヨタレンタリース旭川 大雪りばぁねっとリース車両 溝呂木弁護士準備書面 トヨタ自動車旭川 補正予算 

メールフォーム
【匿名・ハンドルネーム可】

名前:
メール:
件名:
本文:

PR

BULK HOMME
RSSリンクの表示
相互ランキング

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。