スポンサードリンク

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(ランキングのクリックで、情報の拡散にご協力お願いします。→ ) ブログランキング・にほんブログ村へ



大雪りばぁねっと 岩手県の最終判断はどうなる?



青森県青森市でも、NPO法人「大一朝日・サポート」が多額の給付金を不正受給していた問題が発生しています。

これ、目につかない所でNPO大雪りばぁねっとの問題と似た様な構図がありますが
そこは、いずれ触れたいと思います。

青森市は、7月の市の検査で問題を発見し、行政処分を近いうちに判断するとしていますが
山田町や旭川市と比べると、早い対応ですね。

大雪りばぁねっとの問題が発生し、行政の対応が遅い為グダグダになっている事も
いくらかは影響しているんでしょうか。

続きを読む
スポンサーサイト

☞ 関連記事

(ランキングのクリックで、情報の拡散にご協力お願いします。→ ) ブログランキング・にほんブログ村へ



大雪りばぁねっと監督先の旭川市の対応は?



NPO大雪りばぁねっとの監督先である
北海道旭川市の対応はどうだったのか?

まず、本来NPO大雪りばぁねっとの認証先は当初北海道であったが
法律改正により、H23年4月に事務処理権限が旭川市に移っているので
H23年3月迄は、北海道が認証、監督を行なっていた事になります。
http://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/files/shiminkatsudo/shiminkatsudo/npo/npoijyo.pdf

なので、公開されている大雪りばぁねっとの財務資料を見て
こんな適当な書類で旭川市は何で認証したんだ?
なんで放置しているんだ?
と言う意見は、旭川市だけでなく北海道にも
向けられるべき話となります。
過去3年間の資料が公開されているが、金額は違えど
記載の仕方は全く同じですから。

と言う事を念頭に置き、今回の山田町での問題に対する
旭川市の対応を省みる為、まず旭川市長の記者会見を見ると


平成24年12月(問題表面化直後)

「現在調査中。調査結果によっては必要な対策を取っていかねばならない」

「必要な対応とは、立入検査、改善命令、認証取消」

「前段階として、立入検査等の作業が必要になってくる」

「代表理事が言うには、途中で予算を使い切る事を町に説明し了解を得ていた」

「予算がなくなれば、補正を組んでやるとの説明があったが、町からはその様な説明はなかった」


http://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/mayor/conference/20121227/conference.htm

まぁ、ふむふむと言う感じで、少し期待出来ました。
読売の記者の「大雪りばぁねっとに関すて」と方言(誤記?)
をリアルに伝えているw事に好感。


平成25年1月
岩手県と山田町の調査の状況を発表。気になるのが

「労基署は休業手当についてもNPOに勧告している」

「岡田代表理事が、1月中旬に役員名簿及び平成23年度の計算書類の差し替えの為、来庁する事になっている」

「岩手県、山田町、労基署での情報収集、今後の協力依頼を行う予定」

「法令違反が明らかになった場合は、厳正な対応に努める」



そして、質疑応答を見て下さい。
1月の時点で、旭川市は
労働基準法違反補助金適正化法違反
の可能性があると言ってます。
そして、現地記者達の質問の裏に隠された意見が
見事的を得ています。

これが皆が知りたい事です。
これ質問じゃなく、意見として
こうやった方が良いんじゃないですか?
こうじゃないんですか?
となっていれば、また違う展開もあったかと思います。

ご当地岩手県の記者もこの北海道の記者達の姿勢を見習って欲しいです。
報道機関が集約する内陸部と、現地沿岸部の温度差何でしょうか。
山田町はもろ被災地なんですけどね。
http://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/mayor/conference/20130122/conference.htm#2


平成25年4月

「山田町が民事訴訟を起こしているので、経過を見守っていかねければならないかと思います」

特段今すぐどうこうと具体的な行動をする段階にはまだないと考えております 

http://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/mayor/conference/conference.htm#9

(ToT)

まぁ、既にご承知の通り、旭川市の調査では
何も出て来なかった事から
独自調査はなかった事に等しいです。

そして、NPOが破産手続きに入らなかったら
平成24年度の事業報告書を、事業終了後3ヶ月以内
つまり今月6月には出さなければならないので

財産をどの様に計上してくるか?
緊急雇用事業以外の資金がどのくらいあったのか

結構待ち望んでいましたが、それも無理そう。
でも、破産管財人も整理の一環で決算処理を行うはずなので
まだ解散してないなら、旭川市は事業報告書の提出について
求め、それを精査する位の事を言って欲しいものです。

そう言えば、解散についてはNPOから解散届を出してもらうと
言ってましたが、その後どうなっているんでしょう?

これまで違法行為が認められなければ
何も出来ないと言っていましたが
今は6月。色々と出て来ましたが何か出来ないんですかね?
解散してないなら、まだ監督下にあるんでしょ?

因みに、平成24年の法律改正で
【理事の代表権の制限に関する登記】
https://www.npo-homepage.go.jp/pdf/touki_20121001.pdf

と言うのがあり、大雪りばぁねっとはこれに該当しますが
変更登記を行なっていません。
これは過料の対象になると書かれています。

NPOが破産手続きに入る前の話になりますが
これに対する旭川市の対応は
「変更登記するように通知はしてます」
との事でそれ以上の指導は無かった様子。

また旭川市にあった車両や除雪機についても、山田町の職員が
現地で確認しているが、旭川市が調査する法的権限が無い。
とも言っていたらしいです。

そこで
【特定非営利活動促進法】
https://www.npo-homepage.go.jp/pdf/20130130-hou-1.pdf

第41条【報告と検査】
第四項の
「検査の権限は、犯罪捜査のために認められたものと解してはならない」
で調査出来ないと言ってるのかと思いますが
せめて、これは補助金で買ったのか?
くらい聞けなかったんでしょうか。
でも山田町の職員も現地で確認してるんなら
何で旭川にあるの?とか思わなかったんですかね。
証拠保全のチャンスでしたね。

第42条の【改善命令】は出せたんじゃないですかね。
山田町に不足してる資料を提出しなさい。とか。
山田町が提出を求めてる資料が無いと言うなら
第三者委員会でも言ってる立派な使途不明金。

第43条【設立の認証の取消し】
第二項に改善命令を経ないでも取消しが出来る事が書いてあります。

結局、岩手県、山田町、労基署からの情報収集だけで
NPOに対し直接調査はしなかったと言う事なんでしょうが

町議会でも
「旭川市にも責任を求めないのか?」
と言う町議の質問に
「認証責任は今後の課題だ」
と答弁されてますよ。

山田町vs旭川市かーw

でも、山田町長も責任問題について大分前から
「調査の結果を見て」
「第三者委員会の調査を待って」
と延ばし延ばしで、今に至ってますから
この答弁も言って終わりかもしれませんね。


現在、国では復興予算の被災地以外への流用が取り沙汰され
財務省等へ調査の指示が出て、不適格な事業には
執行停止や返還を求めると発表されてますが
これが波及し、山田町の分も調査対象にならないと
行政側は何も動かないんじゃないですか?


山田町と大雪りばぁねっとは単なる委託者と受託者の関係。
一方旭川市は補助金とか関係なく
大雪りばぁねっとの活動そのものを監督指導する立場。

旭川市には調査で情報上げてくると期待していたんですけどね。












☞ 関連記事

(ランキングのクリックで、情報の拡散にご協力お願いします。→ ) ブログランキング・にほんブログ村へ



PR
リンク
タグ

大雪りばぁねっと 山田町 オール・ブリッジ グリランド 岡田かおり 岡田栄悟 タレスシステムアンドファシリティーズ 破産 破産管財人 日本財団 御蔵の湯 つながり勝又 御船町つながり ボランティア団体つながり 中隊長 大柳彰久 幹部 水上バイク 山田町役場 ゾディアック 山本貴子 麻野美穂 補助金返還 岩手県検証委員会 橋川大輔 謎の自殺 復興支援 補助金適正化法 溝呂木弁護士 損害賠償 昆議長 井上ゆかり つながり 旭川市 井上幸子 財界さっぽろ 岡田 ジーイーコーポレーション 北海道河川広域救難隊 第三者委員会 ハイエース 債権者集会 ヤフオク 財産取得 つながりボランティア ROADプロジェクト メディアあさひかわ コンプライアンス 元従業員 NPO法人 補助事業 リース費 公務員 告発 山崎副議長 調査特別委員会 百条委員会 疑惑のNPOを追う 佐藤前副町長 地方自治法第117条1項 12億円の弁明 NPO大雪りばぁねっと 山田町災害対策本部 株式会社カーライフシステム NPO北海道ライフケア協会 補助金 山田町復興支援隊 ボランティアセンター ケビンハウス 事業報告書 再調査 溝呂木 NPO幹部 沼崎 橋川 石狩川広域水難救助隊 緊急雇用創出事業 中日本航空 幹部職員 顧問弁護士 刑事告訴 未払賃金 リコール補助金等に係る予算の執行の適正化に関する法 震災等緊急雇用対応事業 土木事業 緊急雇用創出事業実施要項 インフレータブルボート 東京地方裁判所 徳永エリ 高額給料 蓮舫 宝本ひであき 総務省 補助金対象外 ボランティア 民法709条 岡田初公判 岡田栄悟の母 岡田裁判 補助金適正化施行令 善管注意義務違反 町道環境美化事業 大雪りばぁねっと捜査 岡田かおり恫喝 岡田釈放 旭川マンション 飲食店 エスティマ アイシス 阿部幸一町議 未払い給料 岡田栄悟公判 ニューハーフ ららつー 内部資料 装備品リスト 山田町裁判 オールブリッジ 山田町の所有権 山田町役場職員 つながりボランティア勝又 熊本ランティアつながり つながりボランティア問題 つながりボランティア御船 山田町和解 大雪りばぁねっと未払給料 及川あつし 緊急雇用事業 DIOジャパン 大雪りばぁねっと岩手県地域労働組合 大雪りばぁねっと労働組合 大雪りばぁねっと岩手県労働委員会 大雪りばぁねっと和解 大雪りばぁねっとユニオン 食堂 ポンツーン 菊池正佳 沼崎喜一 三陸山田漁協 山田町前町長 大雪りばぁねっと逮捕 岡田栄悟容疑者 大柳光代 岡田栄悟逮捕 長野ポンプ 自殺 裁判 副隊長 仮処分 補正予算 橋川サイクルモータース 善管注意義務 特定非営利活動促進法 口頭弁論 岡田容疑者 密漁監視機材 大雪りばぁねっとトラック 大雪りばぁねっとリース車両 溝呂木弁護士準備書面 HTB オークション PWC 橋川容疑者の妻 浮き桟橋 トヨタ自動車旭川 トヨタレンタリース旭川 詐欺 業務上横領 暗視カメラ 溝呂木弁護士記者会見 密漁 緊急雇用創出事業公表 緊急雇用創出事業通知 山田町災害復興支援事業等検証委員会 占有移転 

メールフォーム
【匿名・ハンドルネーム可】

名前:
メール:
件名:
本文:

PR

BULK HOMME
RSSリンクの表示
相互ランキング
PR

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。